美容院のロゴはどうすればおしゃれになる?

HOME » サロンのロゴ » 美容院のロゴはどうすればおしゃれになる?

美容院のロゴはどうすればおしゃれになる?

美容院のロゴは、どうすればおしゃれなデザインになるのでしょうか?
自分でアプリやソフトを使って制作しても、どうにもうまくいかない……。
そもそも、良いデザインが思い浮かばない……。
そういう経験をした人は、結構いるのではないでしょうか?
そこで今回は、美容院のお店を始める人向けに、おしゃれな美容院向けロゴデザインの作り方を紹介したいと思います。

美容院のロゴに使われるデザインは、お客さんのターゲット層に合わせて設定していることが多いです。
例えば、10代〜20代の若者をメインのターゲットにするのであれば、可愛らしいデザインが受け入れられやすいですし、20代から30代の大人の女性をターゲットにするのであれば、落ち着いたモダンなデザインが好まれやすいです。
ロゴデザインには、このようにお店のコンセプトを取り入れてデザインを描かないといけません。
もしコンセプトを無視してロゴを設定すると、集客に悪影響が出てしまう恐れがあるからです。

お客さんがあなたのお店を始めてみた時、一番初めに目に入るのはお店の看板だと思います。
看板にはお店のロゴマークが記されていると思いますので、お客さんがお店に入るかどうかを決める一番最初の判断材料になります。
そのため、ロゴを見て、お店に入ったのはいいけれど、思っていたコンセプトの店ではなかった、というような場合だと、お客さんはリピーターになってくれないでしょう。
簡単にいうと、お客さんの期待を裏切らないデザインにする必要があるということです。
それを踏まえた上で、どのようにして美容院のロゴデザインを制作していくのかを説明します。

まず最初にやる事は、美容院ロゴの資料集めからです。
他の店がどのようなロゴデザインをしているのか?を分析することで、大体どのようなデザインが受け入れられやすいのかの傾向が分かってきます。

後は、流行の色や模様、デザインをリサーチすることも大事です。
この場合、流行を追いかけるのではなく、あえて外してみて、定番を探すという意味合いがあります。
流行に乗ってしまうと、飽きられた時にブランディング効果が衰えてしまうため、あえて避けるのです。
このようなこまかなリサーチを行い情報を集めていき、デザインの制作に入るのがおしゃれで訴求力のあるロゴデザインを作るコツになります。

ここからはスケッチとパソコンを使った清書になりますので、仕上がりまでは早いです。
リサーチで情報がまとまれば、ほぼ完成したようなものだといえます。
このように、コンパクトなロゴデザインにも、複数の工程が入るためなかなか手間のかかる作業になってしまうわけです。