美容院のロゴマークに「はさみ」が使われる意味

HOME » サロンのロゴ » 美容院のロゴマークに「はさみ」が使われる意味

美容院のロゴマークに「はさみ」が使われる意味

美容院のロゴマークでよく使われるはさみのイラスト。
なぜはさみのイラストが、よく使われるのでしょうか?
その理由には、ロゴマークの本来の目的が関係しています。
そもそも、会社やお店がロゴデザインを設定する意味というのは何なのでしょうか?
今回は、ロゴデザインの効果について説明したいと思います。

ロゴデザインには本来、お店の存在をお客さんに印象づけるためのシンボル的な効果があります。
例えば、洋服に記されているブランドロゴを見ただけで、その洋服の価値を、着る人がイメージします。
またブランドもののバッグや財布にも、ブランドのロゴが刻印されています。
このようなロゴデザインがあるおかげで、ユーザーが商品の価値を認識しやすくなっています。
簡単に言うと、ロゴはブランドの証明印のようなもので、ロゴの刻印があるかないかで同じような品質の商品があったとしても売れ行きが全然違ってきます。
このようにロゴデザインには、お店のブランドをお客さんに認識してもらう効果があるわけです。

お客さんのイメージに定着しやすいロゴデザインには、定番というものがあります。
例えば美容院ロゴに、はさみのデザインを使うようなロゴマークには、お客さんがそのお店が美容院だということが分かるように、情報を視覚的に伝えています。
これがもし、食材のモチーフを使ったロゴデザインだとするとどうでしょう?
入ってくるお客さんはもしかすると、レストランか何かだと勘違いして入店してくるかもしれません。
そうなってくると見込み客を逃がしてしまう可能性もあるため、ロゴは業種とマッチするようなデザインにしなくてはなりません。
美容院でハサミのモチーフが使われるのは、そんな理由からです。

ロゴデザインには、お客さんに会社の存在を認識してもらうための効果以外に、他社とのサービスの差別化を行うという目的もあります。
おそらく美容院に入る人のほとんどが、看板を確認してから入るかと思われます。
その時に会社の名前だけが入った看板しかなく、お店の内装もロゴデザインも全てが同じものだとするとお店自体を認識することが難しくなってきます。

ですから内装を変えるのと同じように、ロゴデザインも他社と差別化をするためにオリジナルデザインを設計するのが普通です。
そうすることによってお店の存在が際立ってくるわけです。
このように美容院ロゴに限らず、商業施設の店舗にはほとんどと言っていいほど、ロゴが描かれた看板が前面に出されています。
ロゴデザインは非常に重要なツールですので、採用するデザインは慎重に決めていく方がいいでしょう。